BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > チャットフォームでさらにフォーム離脱率を下げるためのテクニック

チャットフォームでさらにフォーム離脱率を下げるためのテクニック

離脱率を下げる

従来型のメールフォームからチャットフォームへ切り替えるだけでフォーム離脱率は下がります。

これは使っていなくてもなんとなくわかるという方も多いのではないでしょうか。

その秘密はチャットフォームならではの、流れるような対話形式にあります。

一問一答なので数の多い設問であってもストレスを感じずに入力が出来るため、従来型メールフォーム特有の面倒くささが無く、結果としてフォーム離脱を抑えることが可能となります。

でも、それにプラスαのフォームの離脱率を下げるテクニックがあるんです。

設問にはなるべく選択式を用いる

チャットフォームは大まかに「選択式」と「自由記入式」の2つの入力方法があります。

お名前を聞くときなど自由記入にしなくてはならないケースであれば仕方ありませんが、もし選択式に出来る設問ならば、出来る限り選択式にしていったほうがフォーム離脱率は下がります。

実際、弊社のチャットフォームHospiiを導入してくださった企業の選択式部分のフォーム離脱率は10.68%という調査結果が出ています。

これはフォーム全体の離脱率が7割とか8割と言われている中では、かなり異例の低離脱率と言えますよね。

選択式の設問を効果的に使うことがフォーム離脱率改善の近道となります。

設問に対して丁寧な説明をする

メールフォーム離脱の原因の一つに、「設問の意味が分からない」「答えづらい」という事が挙げられます。

少し難しい専門用語の入った設問などは設問を受ける受け取り手(ユーザー)の知識の違いで意味の分からない設問になりかねません。

専門用語については「これはこういう意味ですよ」と補足の説明文を付けることでユーザーの理解も深まり、その結果フォーム離脱を防ぐことになります。

また品番だったりシリアルコードだったりを入力してもらう場合にも、「品番はここに書いてありますよ」と画像入りで説明することも可能。

わからない……答えられない……といった状況を作らせないことがフォーム離脱改善のポイントとなります。

会話スピードはユーザーに合わせて

とにかくメールフォームというのはユーザーにとって面倒に感じるものですので、相手のペースに合わせることが非常に大切です。

実社会でも会話をする相手に合わせて、話をするペースを合わせたりしますよね。

相手の情報をお聞きするためのメールフォームですので、ストレスを感じさせないスピードでチャットが流れていく事が大切です。

チャットフォームHospii対話のスピードを8段階で調整することが出来ます
例えば若い人やウェブに慣れている方がターゲットならば、少し早めの会話スピードで、ご高齢の方がお客様になるならゆっくりめのスピードで、と調整することが可能です。

会話スピードを8段階も調整が出来るのはチャットフォームHospiiだけではないでしょうか。

秘技アイコン動かし

チャットフォームHospiiは会話の途中でアイコンが動いたり、アイコンを変更したりすることが出来ます。

会話の途中で嬉しい顔、笑顔などにアイコンの画像が変更すると、対話感が抜群に良くなり、「この人と話をしているんだ」という意識が強まり、結果として離脱を防ぐことが出来ます。

まとめ

チャットフォームHospiiはチャット型のメールフォームというインターフェイスによるフォーム離脱防止にプラスして、上記のような様々なフォーム離脱策があります。

メールフォームを数パターン用意してA/Bテストをおこなっていけば、御社におけるチャットフォームの最適解を見つけることも可能。

実装の作業や導入後の管理運営も基本的にはすべてスタッフにお任せできるので、新たな手間が増えることもありません。

気になる方はまずチャットフォームHospiiの専門家であるスタッフにご相談してみてはいかがでしょうか。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。
たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ