BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > [調査]選択肢ボタンの部分の離脱率は何%くらいなの?

[調査]選択肢ボタンの部分の離脱率は何%くらいなの?

チャットフォームHospiiはメールフォームの離脱率を劇的に改善するチャット型のメールフォームです。

メールフォームの離脱率は一般的に75%前後だと言われていますが、その離脱率を改善するために導入を検討されている方も多いと思います。

今回はメールフォーム離脱率を改善するためのチャットフォームの活用法を書かせていただきました。

選択肢ボタンの離脱率は何%なのか調べてみました

チャットフォームHospiiにはメールアドレスやお名前を入力していただくフリー入力欄といくつかの選択肢を選んでもらう選択ボタンの2種類の入力方法がありますが、選択肢ボタンの部分の離脱率を調べてみると、平均「10.68%」

メールフォームの離脱率が全体で75%だという事を考えると、かなり驚異的な数字ですよね。

つまり選択肢ボタンの時には10人に1人しか離脱しないという事であって、この選択肢をどのように使っていくのかというのがメールフォーム離脱率を下げる一つのポイントになることは間違いありません。

タップで簡単に入力が出来る選択肢ボタン

選択肢ボタンは画面に大きく表示されますからね、スマートフォンであればタップするだけで会話がまた流れていくので、たしかに離脱しづらいと言えばしづらいですよね。

ボタンでサクサク進めてゴール(お問い合わせ完了)まで進めるのがある意味理想的であるとも言えますね。

選択ボタンをどのように配置するか

ただ、お名前やメールアドレスなど、最低限お聞きしなければいけないフリー入力もありますよね。

もちろんきちんと段階を踏んで進めていけばフリー入力だからと言って離脱のポイントになるとは言い切れませんが、設問の場所にこだわらないのであれば、ある程度入力が進んだ段階でフリー入力を入れるといいかもしれません。

ある程度入力が済んだ段階では、「ここまで来たんだしもう最後まで入力してしまおう」という心理が働きます。

ここまで入力したならメールアドレスくらいは……と出来るならば離脱率は大幅に減らせるのではないかと思います。

まとめ

チャットフォームHospiiの選択肢ボタンの離脱率、低いだろうなと思っていましたが改めて調べてみて10.68%だとは自分でも正直びっくりしました。

ちなみに会話が始まってからのフォーム離脱率は40%~50%なので、一般的な従来型のメールフォームよりも離脱率を下げる効果があることは明らかです。

離脱率を大きく下げてコンバージョンを増やすためのチャットフォームHospii

今なら無料トライアルもやっていますので、ぜひ一度お試しください。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。
たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ