BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > チャットフォームを導入することによるユーザー側のメリット

チャットフォームを導入することによるユーザー側のメリット

一般企業のお問い合わせフォームでも従来型のメールフォームからチャットフォームに切り替える会社が増えています。

一対一の対話型でタイムラインを流れていくようなチャットフォームは、導入をする企業側はもちろんユーザー側にもメリットがあるんです。

今日はそのあたりを書かせていただきます。

チャットフォームの企業側のメリット

まずチャットフォームを導入する企業側のメリットを簡単に説明すると、一番はフォーム離脱を減らすことが出来るという点。

フォームで離脱しない=コンバージョンですので、売り上げに対するインパクトは絶大です。

離脱しない秘密は、一対一の対話型という点にあります。

実生活でもは話をしている人に対して、いきなり席を立つのは失礼と感じますよね?それと同じような効果がチャットフォームにはあるんです。

また企業側のメリットとして企業イメージの向上が挙げられます。

丁寧な受け答えをすることで、「この会社はきちんとしたところだな」とか「すごく気の利く会社だな」といった印象を与え、それがその後の商談の場などで、競合他社よりも一歩前に行くことが出来るようになります。

チャットフォームのユーザー側のメリット

ではウェブサイトで実際に入力をおこなってもらうお客様=ユーザーにあるメリットとは何でしょうか?

まず対話型なので柔らかい印象で安心感を与えてくれます。

従来型のメールフォームって乱暴な言い方をすると個人情報を入力しろ!といった感じがしませんか?

名前は?住所は?電話番号は?と、企業側にそのつもりがなかったとしても入力をするユーザー側はこんな情報を渡していいものか?と不安になってしまいます。

チャットフォームでは「お名前をお聞かせください」「ご住所を教えていただいてもよろしいでしょうか?」と、対話型の質問となりますので、とても柔らかい印象を与え、それが結果として安心感にも繋がります

個人情報を渡すという作業に対してのハードルを下げる、ここなら大丈夫かもなと安心してもらえる、そんなメールフォームがチャットフォームなのです。

まとめ

チャットフォーム導入は企業側にとっても、そしてその企業のお客様であるユーザー側にとってもメリットのある施策なんですね。

でも対話のシナリオを作るのも大変そうだし、設置や管理も大変そう……と思われるかもしれませんが、チャットフォームHospiiならばそのような手間や面倒なことはすべてスタッフが引き受けてくれるので安心

導入後のフォローや改善、A/Bテストの実施まですべてやってもらえるので、企業側として新たな負担が増えないというのも大きなメリットになります。

今なら30日間のトライアル期間もありますので、一度試してみてその良さを体験してみるのも良いと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。
たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ