BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > チャット型メールフォームの副次的な効果とは?

チャット型メールフォームの副次的な効果とは?

チャット型メールフォームはユーザーのメールフォーム離脱を防ぐ手段としては最適で、離脱率改善やコンバージョン率改善を目的として導入される方が圧倒的に多いと思います。


今現在導入を検討している方々もほぼそのような目的で考えられているのだと思いますが、チャット型メールフォームを導入することによる意外な効果を発揮することもあります。


そんなチャット型メールフォーム導入による副次的な効果とはいったいどういったものがあるのでしょうか?

迷惑メールがこなくなる


ウェブサイトのメールフォームへ、日々無数の営業メールや迷惑メールが送られてくることに悩まされている方も少なくないのではないでしょう。


そんな迷惑メールに紛れて、本当の純粋なお問い合わせのメールも送られてくるため、その大切なメールを見落としてしまったらとてももったいないことですよね。


チャット型メールフォームは、「お問い合わせはこちら」というバナーをクリックしたらチャット形式の対話が始まりますので、迷惑メールや営業メールを送りにくい構造になっています。


実際、弊社でもHospiiはお問い合わせ用に使用していますが、Hospii導入前に比べて営業メール、迷惑メールは格段に来なくなりました、というかほぼ来ていません。


業務に集中する環境を作られるというのも、Hospii導入の副次的効果と言えます。

商談が意外とスムーズ


ウェブサイトからお問い合わせ→商談→成約 という流れを持っている場合、最初の接点はお問い合わせフォームから、という事になります。


従来型のメールフォームでのお問い合わせよりもチャット型メールフォームのほうが商談がスムーズにいくなんて、にわかには信じられないかもしれませんが、これにはカラクリがあります。


従来型のメールフォームは質問項目がボックス型というか箱型というか、無機質に並んでいるだけですよね。


ユーザーも、それがある意味あたり前になっているので会社名やら名前やら相談内容やらを入力して送信をしてくれますが、チャット型メールフォームは少し違いがあります。


対話型で、例えば名前を入力してもらうにしても「お名前をお聞きしてもよろしいですか?」となり、入力してもらったら「○○様ですね、宜しくお願いします。」と丁寧に受け答えを作ることが出来ます。


名前書け!会社名書け!みたいなものよりも丁寧な印象を受けるのは間違いないですよね。


さらにHospiiはアイコンも自由に設定することが出来ます。


営業担当者の顔写真がそのままアイコンになっていたら、チャット型メールフォームの入力の時点でお客様との初対面は済んでいることになります。


初めての商談が、実は2回目の顔合わせだったとしたら初対面の商談よりスムーズに進むのは間違いないですし、競合他社複数との商談があるのであれば、一歩リードしている状況を作り出しているとも言えます。

まとめ


チャット型メールフォーム導入の本来の目的はフォーム離脱の解消、コンバージョン率アップ、コンバージョン数アップだったかもしれませんが、上記のような副次的な効果もあります。

たしかに当初の目的ではなかったかもしれませんが、上記二つは意外と良いと言いますか、結構皆さんに喜んでもらえる部分だと思います。


弊社のチャット型メールフォームHospiiは、手間をかけずに簡単に導入することが出来るチャット型メールフォームで、フォーム離脱やコンバージョン率改善に効くのはもちろん、上記のような副次的な効果もございますので、ぜひご検討いただけたらと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ