BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > チャットフォームを導入すると企業側の意識も変わる

チャットフォームを導入すると企業側の意識も変わる

チャットフォームを導入することにより、ユーザー側から「お?変わったな」とか「前向きな企業だな」といったポジティブな印象を持たれる事にもなり、企業好感度も高まりますよね。

ただ導入する企業側からすると「オレら何も変わっていないよな……」とお思いになるかもしれないですが、意識の部分ではかなり変化がありますし、その意識の変化が行動として表れます。

チャットフォームを導入することはお客様第一に考えている証拠

チャットフォームを導入する動機や目的は今まで以上にお申し込みやお問い合わせの数を増やす事かもしれません。

お申し込み数を増やすためにお客様には使いやすいメールフォームが良いのではないか、お問い合わせ数を増やすために印象の良い対話型のチャットフォームがいいのではないか。

お客様への使いやすさや印象を考えてチャットフォームを導入するわけですから、チャットフォーム導入を選択するという事はお客様のことを第一に考えている何よりの証拠ではないでしょうか。

チャットフォーム導入はあくまでも手段で、お申し込み数を増やすことが目的なのですが、その先にあるお客様に喜んでもらうという気持ちが根底にあるので、そのような考えになっているのだと思います。

より喜んでもらうためにはどうしたらよいか考え始める

チャットフォームは一対一のチャット形式のメールフォームです。

企業側の問いかけによりお客様は返事を入力し、その会話のキャッチボールをすることで双方に誤解なくお申し込みやお問い合わせへと導くことが出来るフォームです。

この会話の内容もこまめに変更することが出来るため、チャットフォーム導入後に「もっと丁寧に問いかけたほうがいいのではないか」、「質問の順番を変えたほうがお客様のために失礼ではないのではないか」、「この質問には、なぜ聞くのか理由を明記したほうが理解を得られるのではないだろうか」など、どうしたらお客様により喜んでいただけるか考え始めます

通常のメールフォームであれば、聞き方や言い回しなど変更や検討をする余地もありませんが、チャットフォームはお客様とコミュニケーションを図りながらコンバージョンへと導くフォームなので、そのようなことが可能となります。

お客様目線で、自分がお客様の立場だったらどんなことを言われたら嬉しいかを考えることはお申し込みやお問い合わせを得る事と同じくらい企業としては大切なことですよね。

まとめ

チャットフォームは導入をすることにより企業側の考え方や意識、行動も変えていくことが出来ます。

お客様にとって何が一番良いのか、お客様に喜んでもらうためにはどのようにすればいいのか、マーケテイングの基本ではないでしょうか。

弊社のチャットフォームHospii語源は「おもてなし=ホスピタリティ」

素っ気ない通常のメールフォームでは、お客様とのタッチポイントとしてふさわしくないのではないか、メールフォームからおもてなしが出来ないかというところからスタートしています。

おもてなしをするための会話シナリオ作りも試行錯誤してきましたので、チャットフォームの導入をご検討されている方は、ぜひ一度ご相談をください。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。
たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ