BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > チャットフォームがコンバージョン率を高める理由は何か?

チャットフォームがコンバージョン率を高める理由は何か?

メールフォームの離脱率に悩む担当者がチャットフォームに変更しようと考えているなんて話はよく聞きます。


チャットフォームを導入する事でフォーム離脱率が減り、コンバージョン率が上がるという事はある程度認知されてきた感がありますが、ではなぜコンバージョン率が上がるのでしょうか?


今回はそのあたりを書かせていただきます。

チャットフォームは面倒ではない気持ちにさせられる

メールフォームの離脱の原因に「面倒くささ」が挙げられます。


入力しないといけない所がたくさんあるだけで「面倒」に感じてしまいますが、チャットフォームならば一問一答方式なので、一度に多数の質問が出てきませんので、ぱっと見の面倒くささを感じにくくさせています。


必須項目の多さもフォーム離脱の原因になりますが、これも結局のところ面倒という気持ちが先に立ちますよね。


弊社のチャットフォームHospiiはなんと必須項目の設定がございません


必須項目なんてなくてもきちんとした会話のキャッチボールが出来ていれば、必須にする必要もなくきちんと入力してくださるのに、心理的に圧迫する必須項目が果たして必要でしょうか?

チャットフォームは離脱しづらい

チャットフォームの最大の特徴は「対話形式」という事。


実社会でもよくある話ですが、相手の方が話をしている時に席を立つというのは、なかなかしづらいですよね。


これはチャットフォームでも同じことで、会話が盛り上がっている最中にフォームから離脱するという事はなかなかしづらい……。


罪悪感とまではいかないですが、アンケート用紙のような従来型のメールフォームならば途中でやーめたとなってしまうところでも、対話の途中でフォームを閉じるという行為にハードルがやや高く感じるのは事実です。

丁寧に心を込めるという事は非常に大切

何でも効率化を求めるデジタル社会にあって、丁寧だとか心を込めるだなんて時代錯誤だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、デジタルの向こう側には生身の人間がいるのであって、心の部分まで効率化してしまっては非常に冷たい印象を持たれてしまいます。


チャットフォームの対話形式という特長を生かし、まずはこちらからウェブサイトへの訪問に対して、そしてチャットフォームを開いてくれたことに対してのお礼を言い、心を込めて質問をしていけばユーザーだって悪い気持ちにはなりません


丁寧に心を込めた質問を考えて設定をしていく事こそ、チャットフォームでコンバージョン率が高まる最大の理由ではないかと思います。

まとめ

チャットフォームを導入すればなんとなくコンバージョン率が上がりそうだなと思っていたことも、その理由をきちんと考えれば納得いきますよね。

面倒に感じさせず、入力しやすく、対話の途中で離脱しづらくて、丁寧で心のこもった話をしてくれる……、離脱する理由を考える方が難しいように思えるチャットフォーム。


弊社のチャットフォームHospiiはHospitality(ホスピタリティ)=おもてなし が語源になっています。

丁寧なおもてなしで離脱率を防ぐチャットフォームHospii、導入をご検討の方はぜひ一度お試しください。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ