BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > メールフォーム離脱の本当の原因って何?

メールフォーム離脱の本当の原因って何?

メールフォームの離脱率が高いとコンバージョン数にも影響がありますので、出来る限りの改善をしていきたいという思いは、ウェブの担当者なら誰でも考える部分ですよね。


色々と調べても難しいことばかりですし、本当に離脱の原因なんて考えつかない!なんて方もいらっしゃると思いますが、すごくシンプルに考えてみると本当の原因がわかるかもしれません。

メールフォーム離脱の本当の原因とは?

先に結論から書くと、面倒さ これに尽きるのではないでしょうか。


お問い合わせフォームのページ、お申し込みのページ、購入のページなど、LPのようにメールフォーム一体型ではなくメールフォームのページが独立している場合、ユーザーは何かしらの意図を持ってページへと訪問をします。


その何かしらの意図とはズバリ、お問い合わせをしよう、お申し込みをしようというアクションを起こそうという意図のこと。


ウェブサイトのコンテンツを閲覧している最中に「お問い合わせはこちら」とか「お申し込みはこちら」などと書いてあるバナーをクリックし、メールフォームのページに来ているわけですから、その時点ではアクションを起こそうと考えているはずです。


少なからず悪い印象を抱いていたり、全く興味が無かったりはしていないはずですよね。


でもその後にメールフォームを見たとたん、入力の途中で離脱をしてしまうのは「面倒だ」と感じたからに他ありません。

面倒に感じないメールフォームとは?

ユーザーにとって面倒に感じないメールフォームにするにはどうすればよいのでしょうか?


設問数を減らしたり、答えにくい設問は入れない、何か調べてから入力をしないといけないものなど難しい設問は入れないなどが考えられます。


聞かなくても良いものはメールフォームで聞かない、選択式に出来るものは極力選択式にするなど、必要最低限の設問数でユーザーも入力しやすい選択式にすることがポイントではないでしょうか。

チャットフォームにしてさらにもう一歩

さらにチャットフォームならばより面倒くささを感じさせずに入力をさせていくことも出来ます。


設問は一問ずつ出てきますのでユーザーは集中して回答をすることが出来ます。


選択式を多用することでポチポチ、サクサクと手間をかけることもありません。


なによりイメージと言いますか情緒的な部分でチャット画面が開いてアイコンが「初めまして!」なんて話しだすのですから、面倒さや難しさとは対極の感情になりますよね。

まとめ

メールフォーム離脱の原因が面倒さにあるならば、チャットフォームの導入はそれを解消する一手になること間違いなしです。


弊社のチャットフォームHospiiは、UIを見ていただくとわかるとおり面倒さは微塵にも感じさせません。


さらにシナリオをきちんと考えて、無駄な設問はせずに、ただ聞かなければいけないことは会話のコミュニケーションの中から引き出すという具合でメールフォーム離脱を減らすことが出来るフォームです。


メールフォーム離脱に悩んでいる方はぜひ一度ご検討いただけたらなと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ