BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > 伝えたい事柄を伝えるシナリオ作りのコツ

伝えたい事柄を伝えるシナリオ作りのコツ

従来型のメールフォームからチャット型メールフォームへ変更をする方が増えています。


チャット型メールフォームに切り替えて良かった点は様々あるようですが、コンバージョン率が上がった、フォーム離脱が下がったなど以外に、伝えたいことがより伝わるようになったのではないかというご意見も頂戴します。


伝えたいことがより伝わるとは、具体的にどのようなことでしょうか?

従来型メールフォームにも同様なことを記載していたが……

ある企業で従来型のメールフォームを使ってお申し込みの受付をしていたのですが、やっぱり昨今の流行りという事で、チャット型メールフォームへの切り替えをおこないました。


チャット型メールフォームに変更をする元々の理由は、今よりもコンバージョン数を増やしたい、ユーザーの利便性を上げたいといったことでしたが、チャット型メールフォームにしてみて他にも良かった部分があることに気が付きました。


お客様からお申し込みを受け付ける際に、従来型メールフォームを使っていた時にもフォームの上部にお申し込みする際の注意書きなどを記載していましたが、テキストで書いてあるだけだったので、正直あまり目に入らなかったのだとか。


実際にお客様も、その注意書きにはあまり気が付かずにお申し込みをしてくるケースが多かったそうです。


チャット型メールフォームに切り替える際、お客様への質問が始まる前に、その注意書きを会話の中で伝えていくようにしたら認識率がグッと上がったのだそうです。

ウェブサイトに書いてある事はあまり読まない

よく「ユーザーはウェブサイトのコンテンツは読まないものだと思え」と言われます。


コンテンツは読まないから、読ませたい事柄があれば文字を大きくしたり箇条書きにしたりなどデザインを工夫して、なんとか読んでもらうようにしないといけないのですが、それでも限界がありますよね。


お客様にとって有益な情報であったとしても、全面に出すほどのことじゃ無かったりするケースもありますし、注意書きみたいなものは通常小さく書いてあるものです。


お申し込みをしていただく段階で必ず読んで欲しいと思ったからこそ、従来型メールフォームの上部に書いたのだと思いますが、読んでもらえない、認識してもらえないのでは意味がありません。


ただしチャット型メールフォームの中の会話に注意書きが入ると、嫌でも目に入ってくるのです。


メールフォームなので通常のウェブページよりも注意深く読むという点はもちろん、PCでもスマートフォンでも大きくチャット画面が表示されるので他の部分に目がいかないため認識率が高まるという事も言えると思います。


どちらにしろ、今まで読んでないわけではなくとも流し読み程度にされてきた文言は、きちんと意識をした文章としてお客様にインプットされるようになるという事です。

伝えたいことが伝わるから成約率が上がる

お申し込みの際の注意事項に年齢だったりその他の条件があった場合には、チャット型メールフォームの会話にその旨を入れていくと、お客様側の見落とし率も減って結果としてお申し込みからの成約率も高くなりますよね。


またお申し込み特典とかお得な情報が会話のはじめに入っていたら、フォームの離脱を減らす効果もあります。


お申し込み後の流れだったり、この申込で予約が完了するのか、それともスタッフから折り返しが来て予約が完了なのかなどを会話形式で伝えておくとお客様は安心しますよね、その安心は必ずコンバージョン率に繋がります

まとめ

チャット型メールフォームと言うと、離脱率を減らしたりユーザーの使いやすさを向上させたりといった部分にスポットライトを当てがちですが、その本質は伝えたいことを確実に伝えていくことが出来るという点にあります。


弊社のチャット型メールフォームHospiiは、皆様の伝えたいことを汲み取ったシナリオ作りをサポートします。


伝えたいことをきちんと伝えることで、それが結果としてコンバージョン率の上昇や成約率の上昇につながるという事を知っているかどうかでチャット型メールフォームの成否を分けるのではないかと思っています。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ