BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > ユーザーに気持ちよく入力してもらうためのメールフォーム

ユーザーに気持ちよく入力してもらうためのメールフォーム

ウェブサイトのメールフォームとは、ウェブサイトの各コンテンツと違いユーザーにアクションを起こしてもらうための装置ですよね。


なのでウェブサイトの各コンテンツとは少し違ったアプローチが必要で、同じ温度感で作ってしまうと、なんとなく冷たい印象を持たれてしまうのも事実。


そのためにユーザーはメールフォームから離脱をしてしまっている部分も大いにあると思っています。


やっぱりユーザーには気持ちよく入力をしてもらうのが一番。


では具体的にどのようなことに気を付けて気持ちよく入力をしてもらうのでしょうか?

一番大切なのは丁寧さ

やはり一番大切なのは「丁寧さ」でしょう。


電話番号を聞くときも「電話番号」なんて書いてあるだけのメールフォームでは冷たく感じてしまいます。


チャットフォームならば会話式なので「お電話番号をお聞きしてもよろしいでしょうか?」と丁寧に聞くことが出来ます


「折り返し担当者から連絡をさせますので~」などと理由が明記されていたら尚優しい聞き方になる気がしませんか?


丁寧にやり取りをすることでユーザーに嫌な冷たい印象を与えず、個人情報だとしても気持ちよく入力していただくことがメールフォームに求められている大切な要素だと考えます。

イラっとさせない

メールフォームで入力をしようとしている大切なお客様に対してイラっとさせてはいけません。


よくあるのがメールフォームの離脱の大きな原因の一つでもある「必須項目の多さ」。


「必須、必須、必須」なんて書いてあると、少しイラっとしますよね。


「こっちは入力してやってるのに”必須”ってなんだよ」と。少し上から目線のようにも感じます。


弊社のチャットフォームHospiiはユーザーが入力しやすい環境を作るために、あえて必須項目を使用していません。


必須項目というのはあくまでもユーザー側から見た必須項目であり、それは情報を受け取る側である企業側が指定する事ではないと考えているからです。


その質問に正確に答えなければサービスを受けられないのならば、ユーザーはきちんと入力をしてくるはずです。


現にHospiiは様々な企業様のメールフォームとして活用されていますが、必須項目の設定がないから不便だなんてお声は聞きませんし、適当な回答をしてくるユーザーはほぼいません。


必須が無くてもメールフォームとしては機能するのに、ユーザーが不快に思う必須連発をするメールフォームって百害あって一利なしだと思います。

まとめ

ウェブサイトのメールフォームはお客様と企業との最初の接点になるわけですから、お客様側に気持ちよく入力をしていただくことが一番重要な要素だと考えています。


弊社のチャットフォームHospiiはチャット型のメールフォームなので、操作しやすいですし見やすいというのはもちろんのこと、丁寧な会話シナリオや必須なしといったユーザーファーストのチャットフォームを考えています。


今まであたり前のように使っていた従来型メールフォームですが、今後チャット型のメールフォームが増えるにつれて、どんどんとその”冷たさ”にユーザーは気が付くはずです。


その前にまずは御社からチャットフォームの導入をしていっても良いのではないかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ