BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > 実店舗や対面の良さをウェブに取り入れてコンバージョン数をアップする

実店舗や対面の良さをウェブに取り入れてコンバージョン数をアップする

ウェブサイトでお申し込みをしてもらう、お問い合わせをしてもらう、商品を購入してもらうなどのコンバージョンを獲得するために必要なこと……。


商品やサービスの機能、特徴や価格など性能面で優れているというのはコンバージョンを獲得するために非常に大切な要素ではありますが、情緒面での施策も実は重要な要素の一つとして考えられます。


安心の形もいろいろとありますが、実店舗では売れているのにネットショップだとサッパリ、対面の営業では売れているのにウェブではサッパリ……という方は実店舗や対面での手法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

実店舗や対面の場合とウェブ上だけの場合とでは得られる情報量が違う


実店舗や対面であれば顔を見ながら話を聞きながらで、その話し方や仕草などから様々な情報を得て、信頼できるなと判断し購入や契約へのアクションをおこします。


販売員の方がとても丁寧に対応をしてもらえたら、なんとなく嬉しくなって買ってしまうとか、話を聞いているだけでも熱心さが伝わってくる営業マンだったから契約をしてしまったなど、こういう事って誰でも経験されていると思います。


これって販売員というその商品に対するプロがおすすめをしているという事がある種の安心感につながっているからではないでしょうか。


熱心な営業マンでも、自分のところの商品やサービスをここまで熱心に売るんだから悪いものではないだろうと、自分で自分を納得させているから契約になるのだと思います。


しかしウェブ上での話となると、上記のような実店舗や対面で得られる情報量はかなり限られてしまうため、どうしても価格勝負になりがちです。

ウェブでの販売に接客を取り入れたら安心感をプラスできる


であれば、ウェブ上で接客のようなことが出来れば、それが安心感につながり購入へと進んでもらえるのではないでしょうか。


ただZoomやスカイプなどのオンラインだと実店舗同様自分たちがリアルタイムで接客をしなくてはいけません。


実店舗もオンラインもとやっていたら体がいくつあっても出来ませんし、ウェブサイトの良いところは24時間販売や営業が出来る点、それらを踏まえるとチャット型メールフォームで接客を自動化してしまうのが良い方法ではないかと思います。

接客ツールとしてのチャット型メールフォーム


チャット型メールフォームは対話型なので、接客ツールとして使用することも出来ます。


販売に使うのであれば、用途や予算をお聞きしておすすめの商品をご提示してあげるとか、対面の営業の代わりに使うならば、お悩みは何か?何をやりたいのか?とお聞きして、我が社ならばこんなご提案が可能です、と返答することも出来ます。


ここでのテーマは安心感です。


会話形式による安心感はもちろんあると思いますが、丁寧な対応を心掛けることで好印象を与え、この人が言っているならばとユーザーに思ってもらえたら選ばれる確率も高まるのではないでしょうか。


さらにチャット型メールフォームは、あらかじめ会話を作っておくだけなのでリアルタイムで対応をする必要もなく24時間自動で接客をし続けられます。

まとめ


チャット型メールフォームの使い方を、ひと捻り入れて考えてみるとプラスα的な効果を生むことがあるんです。


弊社のチャット型メールフォームHospiiも接客ツールとして導入していただいている方もいらっしゃいますし、接客としてのシナリオ作りも専任のスタッフが一緒にお手伝いしますので、とにかく「導入したい!」という気持ちだけお持ちいただければ、その想いを形にしていきます。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ