BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > 入力意欲を下げずにフォームの完走率改善を目指すには

入力意欲を下げずにフォームの完走率改善を目指すには

メールフォーム離脱の原因の一つに「入力意欲の低下」が挙げられます。

入力しようとメールフォームのページに到達したものの、何かしらの理由で入力する意欲が低下してしまい、結果としてフォーム離脱してしまうというものですが、入力意欲を下げずにフォームの完走を目指すために、どのようにしていけば良いのでしょうか。

入力意欲が低下するメールフォームとは

お申し込みやお問い合わせをしようとメールフォームを開いてみたけれど、なんだか急に面倒になり離脱をしてしまう……、そんな経験は誰でもあると思います。

代表的な例として入力項目の多さがありますよね。

お申し込みしようと思ったのに、フォームを開いたら「こんなに入力しなければいけないのか」と入力項目の多さに辟易としてしまう……、もちろん聞かなければいけない質問がほとんどだと思いますので、入力項目を減らすことも簡単には出来ず、企業側もどうしたもんかと困ってしまいます。

また入力項目の難しさも入力意欲が低下する原因の一つになります。

そもそも質問の意味が伝わりづらかったり、調べて返答をしなければいけないケースなど……。

聞かなくてもよい質問や重要度の低い質問、あとから電話や対面などリアルな接点で確認できる質問ならば、わざわざメールフォームに入れる必要もないため、その質問だけを無くしてしまえばよいだけなのですが、メールフォームの段階で聞いておかなければいけない質問は「無くす」以外の解決策を見つけなければいけません。

入力意欲が低下する原因を無くしていくチャットフォーム

これら入力意欲を低下させる原因を無くしていくことが出来るのがチャットフォームです。

チャットフォームは一対一の対話型ですが、同時に一問一答形式でもあります。

質問項目がズラーっと出てくると、それだけでげんなりとしてしまう方も多いと思いますが、チャットフォームは一つの質問と一つの回答が続いていきますので心理的に「ああ、こんなに多いのか」と思わせることがありません。

また入力項目の難しさも、対話型なので和らげていくことが出来ます。

難しい質問だったり説明が必要な質問などは、会話の中できちんと説明をしてあげれば、ユーザーの理解度は深まります。

また弊社のチャットフォームHospiiならば会話に図や画像を入れたり、他のページにリンクすることも可能。

対話型だから出来る説明であったり、一問一答方式だから出来る画像やリンクを用いた説明など入力意欲低下の防止をすることが出来ます。

チャットフォームで入力意欲が低下することってないの?

上記以外にチャットフォームでも入力意欲が低下する可能性のある部分があります。

それは会話スピード

あまり会話のスピードがゆっくり過ぎるとせっかちなユーザーは「ああ、もうじれったい!」となって離脱に繋がってしまう恐れもあります。

ただチャットフォームHospiiならば会話のスピードは8段階という細かな調整が可能ですので、会話スピードによる入力意欲の低下も防止できますね。

まとめ

入力意欲の低下によるフォーム離脱については、チャットフォームを導入することでほぼ解決できます。

弊社のチャットフォームHospiiならば、他のチャットフォームよりも入力意欲を維持しつつ完走率を高める工夫や仕組みが満載ですし、やっぱりテストは非常に大切で、HospiiにはA/Bテスト機能も標準装備されています。

フォーム離脱を防ぎつつ、高い次元で完走率の上昇を目指せるHospii、気になる方はぜひご相談ください。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。
たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ