BLOG

ブログ

チャット型メールフォーム「Hospii」 > blog > 採用のエントリーフォームとしてチャットフォームを使うメリット

採用のエントリーフォームとしてチャットフォームを使うメリット

採用活動に力を入れている企業も多いですよね。


採用は自社にとって良い人材を獲得するための活動ですが、手間もかかればお金もかかる、とても悩ましい活動でもあります。

弊社のチャットフォームHospiiは様々なシーンで活用をしていただいておりますが「採用のエントリーフォーム」として活用されている企業もあります。


よくよく考えてみると、採用のエントリーフォームとしてのチャットフォームは親和性が高いのではないかと思います。


今回はそのあたりを書かせていただきます。

若い人とチャットフォームの相性が良い

チャットフォームはスマートフォンのチャットアプリやメッセージアプリのような見た目なので、普段から見慣れていて違和感がありません


若い人たちは友人や家族との連絡ツールとして普段から使っているので直観的に操作をすることが可能で、「面倒くささ」に繋がることはないのかなと思います。

スマートフォンとの親和性が高い

チャットフォームはPCはもちろん、スマートフォンとの親和性も抜群です。


特に若い人たちは就職活動もスマートフォンでやるという方も多いと思います、外出先やバイト先、移動時間などで簡単にエントリーできるのはとても魅力的ですよね。

企業価値が上がる

チャットフォームは対話型になっているので、企業側からの質問事項も会話形式でおこなわれます。


「氏名」「電話番号」「住所」などと質問が並んでいるわけではなく、名前を聞くときも「私は採用担当の大塚と申します、お名前をお聞きしてもよろしいですか?」と聞くのでは受け取る印象も全然変わってきますよね。


就活生や転職などを希望している方々は少なからず不安な気持ちを抱えているわけですし、圧迫面接なんかも社会問題になったりしていますし。


そんな中で企業側から寄り添う姿勢をエントリーの段階で見せることが出来たら、すごく好印象ですし、その好印象が=企業価値を高めるという事になるのではないでしょうか。

伝えたいことを伝えることが出来る

チャットフォームはただ質問と返答を繰り返すだけではありません。


エントリーにあたっての注意事項や重要事項などを質問の前に入れていくことが出来ます。


そういう大切な情報はウェブサイトにも書いてあると思いますが、ユーザーは思った以上にウェブサイト内に書いてあることを読んでくれません。


エントリーに関する条件だったり、企業理念を伝えていって共感してもらえる人に……なんて使い方も素敵ですよね。

まとめ

採用のエントリーフォームとしてチャットフォームを活用するメリットを書かせていただきましたが、企業としてとても重要な部分だからこそチャットフォームを使って丁寧にエントリーを受け付けるというのは企業の取り組みとしてもすごくよいことだと思います。


弊社のチャットフォームHospiiシナリオをいつでも変更することが可能ですし、A/Bテスト機能も標準で付いていますので、反応の良いチャットフォームのシナリオを見つけていくという使い方も良いと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

      
チャット型メールフォーム Hospii お問い合わせが増える!フォームの離脱が減る!詳細はこちらから

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ