SCENARIO

チャット型メールフォームの
成否を分ける
「シナリオ作り」も
お任せください

  

お問合せ数を増やすためには、ユーザーの気持ちにそったシナリオを作成することが大切です。
多数のシナリオを作成してきたノウハウを活かし、御社にあったシナリオ作成をします。

もちろん追加費用は一切いただきません。

Hospiiのシナリオ作成の特長

おもてなしの心を大切に

Hospiiの語源「Hospitality=おもてなし」の通り、おもてなしの気持ちを込めた一対一の会話を心掛けたシナリオを作成しています。

ユーザーの気持ちを汲み取る

約15年間、数多くのサイト・広告運用をしてきた弊社だからこそ、ユーザーの目線で、ユーザーに喜ばれるシナリオを作成することが出来ます。

読みやすさ、理解しやすさも
大切な要素

必要な場合は、画像を入れたり、文字を大きくしたり・色を変えたり、見た目にもわかりやすいチャットフォームのシナリオを作成します。

「お問い合わせ獲得」
シナリオの場合

ウェブサイトへ訪問をしていただいて自社のサービスや商品に対して興味を持ってもらえたわけですから、まずはお礼を言うのが筋なのではないかと思います。

チャット型メールフォームであればフォームが起動したときに「この度はウェブサイトへご訪問いただきありがとうございます」と始めることが出来ます。
その後も、名前を入力したら「○○さん、改めて宜しくお願いします!」とか、住所を入力してもらったら「ご入力いただきありがとうございます。」と、感謝の気持ちをその場で伝えることが出来ます。

入力をしたあとに相手側からのリアクションがあるならば、なんとなく面倒くさい気持ちなどは和らぎ、フォームの離脱減少につながります。

「申し込み受付」
シナリオの場合

チャット型メールフォームは、一方的に個人情報を収集するための装置ではなく、ユーザーとのコミュニケーションを取るための装置でもあります。

採用ページの申し込みにHospiiを導入した場合

会話の途中に「未経験の方も多数在籍していますよ」とか「以前の職場よりも活躍できますよ」というシナリオを入れることで、何となく不安に思っていることが解消され、エントリーしようという気持ちが高まります。

「ウェブ接客」
シナリオの場合

丁寧な接客がコンバージョンに導きます。

興味を持ってフォームを起動してもらったユーザーに対して「私たちの強みはここですよ」とか「今こんな取り組みをしています」と伝える事でより理解を深めていただく事が出来ます。

Hospiiを飲食店の予約受付として活用していただいている例

「感染症対策をバッチリやっています!」と言うだけではなく、

・具体的に何をしているのか・お客様にお願いしている事はどんなことか・従業員同士でもどういう点に気を付けているのかなど

ひと通り感染症対策の説明を丁寧にした後で、「このまま予約に進むことが出来ます」という動線になっています。

伝えたい事を一対一で伝えていくことで深い理解につながり、予約数向上につながっています。

たっぷり30日間無料トライアル詳しくはこちらチャットフォームの全ての機能が、30日無料でご利用いただけます。

導入前に御社のサンプルを
お作りします

御社専用のシナリオサンプルを導入の前にご用意いたします。
そこはもちろん無料です。ご遠慮なくお申込みくださいませ。

プライバシーポリシー会社案内サイトマップ